Love it a lot!

好きなことはひたむきに愛すべし。

英鉄センター試験 GWR編

 

もうすぐセンター試験の時期ですね。

 

という訳で、卒論をやりつつ作成してみました。
その名も「英鉄センター試験」。

 

全20問、大体がGWRに関連することで構成されています。
一応基礎と銘打っているけどちょっとマニアックなものも入れてしまっただろうか…。
それとも簡単に満点を取られてしまうかは想像ができないですね。

 

Google DriveにPDFをアップロードしましたので、
以下のリンクからアクセスしてください。

英鉄センター試験.pdf - Google ドライブ

 

Driveにアクセスできないという方は、画像版をこちらからどうぞ。
画像がやや劣化しているかもしれませんが、どうかご理解を。

 

 

何か問題等に不適切な点がございましたら遠慮なく私にお知らせください。
むしろ知識ガバガバなので頭下げてお願いしたい位です。

 

 

繰り返し練習できる音ゲー、バンドリ(ガルパ)

 

1か月ほど前にバンドリ!ガールズバンドパーティー(以下、バンドリ)という音ゲーを始めた。

 

私自身音楽ゲームが好きで、バンドリ以外にも音ゲーは数種類プレイしたことがある。

曲が好きになる位のめり込んだのはスクフェスjubeat、数回触ったことがあるという程度では弐寺、リフレク、ビートストリームが挙げられる。

 

しかし、どれも1年ほど手を付けていない。

AC筐体に関しては、ゲーセンに行く機会が少なくなったことと、気軽に練習できないことが理由で自然消滅。ゲーセンなのでプレイには課金前提、しかも順番待ちがあるため過疎の時間を狙わないと連続プレイは難しい。クリアやフルコンという目標を立てたところで、私のように音ゲーが下手くそな人間は、音ゲー慣れしている人よりも多くの時間と金を費やす必要があるのだ。

一方で、基本プレイ無料のスクフェスだが、やはりこちらも練習が思うように出来ず一向に上達しないことが原因で次第に楽しくなくなってしまった。EXはクリアできて当たり前のような風潮なのに、自分は曲の途中で終わってしまう。練習しようにもすぐLPを使い切り、LPが回復するまで何分か待たないと練習を再開できないので何ともいえない気分になる。何で皆微熱とかフルコンできるの?最近はMASTERなる上位譜面が出現したらしいですし

私はモチベーションを保てないゲーム、すなわち苦手でクリアできないゲームはすぐ投げ出してしまう性格なので、これらの音ゲーも上達が見込めず、やる意義を失った。ストレス発散のためにゲームしているのにゲームにイライラしていたら本末転倒だからね、仕方ないね。

 

しかし、生まれてこのかた音楽そのものが好きなので、どうしても音ゲーが心残りで決別することができなかった。譜面をもっと気軽に練習できる環境が整っていれば……音ゲーも商売なのでこんなことを求めるのは酷かもしれないが、上達しない理由は練習回数の不足だと考えている私はなるべく金をかけずに同じ曲を満足するまで際限なくプレイできるような音ゲーを喉から手が出るほど欲したのだった。

ゲーム自体は引退してもプレイ動画を見たり、ゲーソンを聴いたりしていた。

そのなかで出会ったのがバンドリのプレイ動画。アニソンをたくさんカバーしていたので興味を持ち、プレイスタイルもスクフェスより個人的にとっつきやすそうだった(ノーツを押す場所がスクフェスは9箇所、バンドリは7箇所)。

しばらくインストールは保留していたが、「ロメオ」のカバーを聴いて心が揺らいだ。田所あずささんって歌上手いですね。

そしてあることがバンドリを始める決定打になった。

 

バンドリにはスタミナという概念が存在しない。

つまり練習し放題ということである。

 

私にとってバンドリのシステムは革新的だった。有料スマホ音ゲー(Deemoとか) 以外でそのような音ゲーが存在するとは初耳だったし、想像すらできなかった。

これを知った私は即インストール。25人もキャラ覚えらんないしと思いつつガチャを回す。弦巻こころちゃんをゲット。で、こころちゃんと一緒に初プレイをした結果…

 

f:id:makishiro:20181023235821p:plain

うん…初めてだから判定にも慣れてないし仕方ないよねって感じの結果。PERFECT59、GREAT55って何やねん。難易度EASYとは

 

ここから頑張って練習するぞー!えい、えい、おー!と意気込み…

f:id:makishiro:20181024000253p:plain

いや待てよ、右上に何だか怪しいバーがある。スタミナあるじゃん!!!

…と見せかけて、これはスタミナでも何でもない。ライブブースト(以下、ブースト)と呼ばれるもので、ブーストを消費すればライブ終了時に手に入るアイテムや経験値が倍増する。正直、ただそれだけである。曲の練習という点だけでみればブーストなんて関係ないのだ。ブーストが0になろうともスマホの充電が0になるまでひたすら練習すればいい。

もっとも、イベント開催時はブーストの有無でイベントスコアが天と地ほどの差になるのでブーストを気にせざるを得なくなりがちだが。

 

とにかく、①コツコツ練習したい人②音ゲー初心者③回数を重ねれば音ゲーが上手くできる人④あまりお金をかけたくない人 にはバンドリは格好の音ゲーだと思われる。

ちなみにゲーム内に出てくるRoseliaというバンドは異常な位練習に重きを置いている。特に銀髪のボーカルの子と緑髪のギターの子。キャラクターも練習の重要性を訴えてくれる…「練習は本番のように、本番は練習のように」なんてプレイ中に言われる。全くその通りです。

 

 

以上。あ、弦巻こころちゃん本当に可愛いんで。一回声聞いてみてね。

 

 

 

 

【オマケ リズムサポート機能について】

バンドリは他の音ゲーに倣い、オプションが充実している。判定調整はもちろん、ノーツの大きさや速さを調節したり、SEを変更したりと自分のやりやすいようにカスタマイズできる。

特筆しておきたいのがリズムサポート。8分のリズムより細かいリズムで刻まれるノーツが灰色で表示される。

私はどんなリズムで叩けばよいか目視で判断できないことが多いので、この機能は重宝している。

f:id:makishiro:20181024013035p:plain

16分のトリル。(ツナグ、ソラモヨウのExpertより)

f:id:makishiro:20181024013050p:plain

見にくいけど3連符。(Opera of the wastelandのHard)

 

余談だが、バンドリプレイヤーでリズムサポートを使っている人をあまり見受けない。少なくとも動画では見たことがない。実際のところどうなのだろうか、少し疑問である。

 

 

GWRの列車が停まる駅についての統計

 

ORRの公表している統計だと、GWRの『管轄』している駅でしかフィルターをかけられない状態なので自分用にORRの資料をいじって作成してみました。

これにより、従来のフィルターで弾かれていたパディントンカーディフなどを加味した乗降者数ランキングを見ることができるのです。

 

 

 

路線図に記載されている駅はすべて含まれているはずです。Okehamptonは路線図には載っていないが夏限定の運行という特例中の特例ですが一応含めておきました。

 

 

google driveよりダウンロードして使ってください。

https://drive.google.com/file/d/0B9_wpXanbZtmbFRiaEcxY3NTWmc/view?usp=sharing

 

 

元のソースはこちらのサイトです。私独自でデータを収集したわけではないのであしからず。
http://orr.gov.uk/statistics/published-stats/station-usage-estimates

つれづれなるままにGreat Western Main LineのPaddington-Reading間の駅について今の時点で知ってることをまとめてみた。

Great Western Main LineのPaddington-Reading間の駅について今の時点で知ってることをまとめてみた。

うろ覚えなんで正確な情報じゃないです。ちゃんとした情報知りたい人は自力で調べるなり詳しい人に質問するなりしてくださいな。

 

 

London Paddington ロンドンのZone1にあるだけあってGWRの駅のなかで屈指の乗降客数を誇る。本当にイギリスの駅って感じ。あと地下鉄にも乗り換えできる。旅の始まりはここから。

Acton Main Line 30分に一本ペースのロンドン所在駅にしてはなかなか厳しい駅。日曜日には一本も電車が来ないという悲劇的な状況。クロスレールの運用開始時には少しマシになるかな?なーにがmainじゃい。mainどころか準優等ですらない。それにactonってつく駅多すぎるんだよね。

Ealing Broadway 名前からして都会っぽい。名前だけじゃなくて乗降客数は2016年時点でGWR管轄駅のなかで一等賞やね。ちなみにイーリング地区は日本人がそれなりの数住んでるだとか。

West Ealing 西のEalingですねわかります。ここでGreenford支線へと分岐する。駅名標がGWR仕様なのは評価したい。パディントンのアナウンスで上ずった発音されてる。

Hanwell GWRの駅なのにGWRの列車にガン無視されるとか笑えない。なお撮り鉄はしやすい模様。

Southall south all なのか sout hallなのかいまだにわからない(大嘘)。日本語表記だとサウスオールなのでおそらく前者だろうと勝手に決めつけている。駅の外はもうインド。駅名標も現地語が併記されているから、まあ多少はね?インド人がたくさん住んでるから仕方ないね。

Hayes & Harlington 空港からコネクトに乗った人がまず最初にぶち当たる駅。もうここはZone6だ。後戻りはできない。エレクトロスターくんはこの駅で折り返し。

West Drayton ロ ン ド ン の 境 界 線。 こ こ か ら 先 は ロ ン ド ン で は な い 

Iver  @Buckinghamshire 駅舎が立派じゃないし電車全然来ない(2/tph)

Langley @Berkshire 駅舎が以下同文

Slough ガイドブックによく誤植されることで私の中で有名。ス ロ ウ じ ゃ な い で す 。ウィンザーに行く観光客は降りるかもしれない(むしろここが乗り換え駅)。GWR管轄駅で乗降客数4位、乗り換え客数1位だからそれなりにでかい駅だって明白なんだね。電車も10分に一本来る。そしてHSTが乗客が待ってるホームすれすれをとんでもない速さで通過していく! たーのしー! 暇な人は駅舎の観察すると面白いかもしれない。天井とか柱とは、ブリテンの駅っぽさが凝縮されているので。ちなみに西イーリング同様GWR仕様の駅名標。外の駅舎正面も劣化東京駅みたいで良さみが深いのでウィンザー乗り換えだけじゃなくて途中下車しましょうね~ なお大昔に電車同士が衝突する事故があったらしく、それをきっかけにATCという装置が導入されたんだとか。Wikipediaに乗ってるよ:Slough rail accident - Wikipedia

Burnham バァン!ナム 電車カツカツ駅(2/tph)だけど駅舎割と良さみ

Taplow 開業直後はパディントンからはここら辺までの運用だったらしいから、歴史ありますねぇ! なお現代(カツカツ) ブルネル建築のMaidenhead橋は こ こ で降りたほうが近い。

Maidenhead 辞書で引いてはいけない。GWR管轄駅で乗降客数5番。Marlow支線はこちらでお乗り換えくだーさーい。ここでもHSTの大爆走を拝むことができる。4月現在ここまで電化作業終了。

Twyford Henley支線は乗り換え。乗り換え客の割合が他駅と比べると多い気がした。この駅でもHSTくんはかっ飛ばしてくれる。まだ電化されてない…南無…。ロンドン方面に架かる橋がかっこいいので一度見ておこう!

Reading これまで挙げたなかで二番目にでかい駅。最近、超近代的な駅に生まれ変わった。イギリスらしさゼロだけどそれはそれであり得ん良さみが深い。HSTくんの発着本数が一番だとか。大体の列車はこの駅に止まってくれる。そしていろいろな方向に散っていくからもうわけがわからん。そしてどんなに発音が難しい駅よりも読めないのがこの駅であると思う。どう見ても読書


以上です。夜のテンションでにわかなりにまとめたので不適切表現のオンパレードです。もっと有意義な情報を知っている方がいたらぜひとも教えていただきたいです。

 

Kembleという駅 2

↓前回の記事
Kembleという駅 - Love it a lot!

 

どうも。ブログの更新が途絶えがちです。
意外と書くネタというものは出てこないものですね。

ですが、宣言通りKemble駅について続きを書こうと思います。




画像が多いので、出先で見ている人は気を付けてください。

 




Cheltenham Spa側を探検した後、連絡橋を上り、反対側のSwindon方面に出ます。

 

f:id:makishiro:20170312194641j:plain

建築には疎いので詳細な名称などはわからないのですが、屋根の形だったり両側の赤い柵だったり…英国の駅らしいですね。
連絡橋まで細部にこだわっているとは。私が英国の駅にはまってしまうわけです。

 

f:id:makishiro:20170312194713j:plain

橋の上から眺めたCheltenham Spa方面。
f:id:makishiro:20170312194730j:plain

こちらはSwindon方面。
大きな鉄道橋が印象的です。



ホームに下ると、何やら庭が!
f:id:makishiro:20170312194750j:plain
自由に出入りできます。

f:id:makishiro:20170312194755j:plain
肝心の説明書きが、雨で濡れてしまっていますね…。

f:id:makishiro:20170312194756j:plain

こちらにちゃんとした説明書きが。
サイレンセスターの農業大学の生徒さんによって建設・維持されているようです。

いやー、小さな駅に庭を設置しているなんて面白いですね。



続いて待合室の中へ。

f:id:makishiro:20170312194838j:plain
色々な賞を授与されています。
ケンブル只者じゃないな。

f:id:makishiro:20170312194834j:plain

全体。

f:id:makishiro:20170312194842j:plain

f:id:makishiro:20170312194854j:plain
昔のポスターが貼られていました。良さみしか感じない。

f:id:makishiro:20170312194848j:plain

パンフレット類。
駐輪場関連のものを初めて見かけたのでつい撮ってしまいました。



そして、待合室のすぐ隣には何とカフェがありました。

f:id:makishiro:20170312194858j:plain

イギリスの駅では、ある程度の規模であればコーヒーなどが買える売店が設置されている印象。
時間が許せば買い物したかったですね。

 

 

Kembleにいたのは30~40分。

滞在時間としては十分だと見積もっていましたが、全然足りませんでしたね…。

もう少しゆったりと写真を撮りたかったです。

 

 





Kembleという駅

 

12月上旬、Kembleという駅に行ってきました。

Kembleはアニメ「きんいろモザイク」に登場した駅です。
主人公(中学生)はホームステイの為とはいえKembleまで何と一人で来たとのこと…。行動力に脱帽。

きんモザは詳しくは知らないのですが、何となく気になったので折角イギリスにいるのだから遊びにいってみようと思いました。

しかもGWRの駅ですしね!

 

 

Swindonに宿泊していたため、そこからの所要時間は電車で15分ほど。
ちなみにロンドンから直行で行ける電車もあるそうです。こちらは1時間+α要すると思われます。

f:id:makishiro:20170209095039j:plain

HSTですよ、HST!!!
降りた直後に撮影しました。アニメに出てきたアングルに少し似せられたかな?
しかし天気はあいにくの雨…。

 

f:id:makishiro:20170209115101j:plain

駅名標、かなり横長ですね。おそらく旅行会社の広告のせいだと思います。

 

f:id:makishiro:20170209115828j:plain

Cheltenhnam Spa方面のホーム側の出口。
ここも、きんモザアニメのワンカットに登場。
コッツウォルズらしく、ハチミツ色のレンガで建物ができており大変風情があります。
改札はありませんでした。

 

f:id:makishiro:20170209205444j:plain

f:id:makishiro:20170209205457j:plain

少し歩いたところはこんな感じです。
何も無…いえ、のどかな雰囲気ですね。
小雨でなければもう少し先まで歩いてみたかったところですね。

 

f:id:makishiro:20170209205830j:plain

遠くから。

 

f:id:makishiro:20170209210819j:plain

ちなみにホームでこのようなものを発見したのですが、何でしょう?物見やぐら?

 

f:id:makishiro:20170209210840j:plain

Swindon方面を望む。
橋がめちゃくちゃ良い。

 

f:id:makishiro:20170209210901j:plain

Cheltenham Spa方面。
こちらも凄くおしゃれ。

 

f:id:makishiro:20170209210925j:plain

電光掲示板を拡大。
電車は1時間に1本のペースで来るようです。
この日は遅滞なく運行していました。

 

 

 

Kembleはこれで終わりではありません。
向かい側のSwindon方面のホームへも行きました。

詳しい内容は次回の記事に回します。
まさかの前後編。

 

 

英国駅スタンプ 進捗について

どうも。しばらくぶりのブログ更新ですね。

 

 

 

 

 

Twitterプロフィール欄に「英国駅ネタスタンプ作成中」と書いていますし、作りますと先月頭あたりに宣言したと思うのですが…

 

 

ぶっちゃけ全然進んでいません。

 

 

ほんとすいません。
Twitterやってる暇があるならスタンプ作れやって話ですよね。
ネタはちゃんと40個考えてあるので許してください。

 

 

紙に描く下書きから詰んでしまい、デジタルで試みても一枚仕上げるのに5時間ほどかかるという結果に。(遅い)

 

 

毎日絵を描くのは不可能ですし、むしろこれからもっと忙しくなりそうなので近いうちに(春休み中?)完成するということは絶対にあり得ないです。
すっごく早くて夏頃でしょう…

 

 

これが言いたかっただけです。
作る計画を白紙にするわけではないので安心してください。
長い目で待ってくださればうれしいです。