読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love it a lot!

好きなことはひたむきに愛すべし。

ストライキ…だと…。

イギリス 鉄道

 

来る12月に二度目のイギリス国内旅行をしようと決意し、行先や運賃、寝台列車についてなどノリノリで調べておりました。
一度目は少し前に行きました。

今回の旅行はグレート・ウェスタンだけを利用するという縛りをかけました。幸せ。

(鉄道にかける)大体の予算が分かったところで、まだ調べ足りないことが一つ。自分の最寄り駅からロンドン中心部までの運賃です。最寄りは残念ながらグレート・ウェスタンではないため、サザンという鉄道会社を使いヴィクトリアまで向かい、GWRの玄関口であるパディントンまで行く必要があるのです。

日付も余裕があるし、ざっと値段だけ確認しようとnational rail のサイトに情報を入力。二度目のプラン作成なので、サイトの扱いにも慣れてきました。
そして往復運賃がずらりと表示されました。値段はレイルカードの補正もあってかまあまあ安めです。しかし、往路の箇所に不穏な黄色い三角形のマークを見つけてしまいます。

何かあるのかなと恐る恐るクリックしてみると、

 

www.nationalrail.co.uk

 

The members of the RMT Union are planning to take strike action on various dates in the upcoming months. These include:

  • Tuesday 22 November and Wednesday 23 November
  • Tuesday 6 December to Thursday 8 December
  • Thursday 22 December to Saturday 24 December
  • Saturday 31 December to Monday 2 January

(上記リンクより引用)

 

 

ストライキ!?!?!?!?!?

労働組合がスト決行するそうです。理由は言及されていないようですが。クリスマス前や年末年始にストかますってどういうこと

ひとまずはやる気持ちを抑え、pdfを覗いてみました。そこには影響を受ける区間が詳細に書かれていました。どれどれ、ここは通常運行でこの駅は閉鎖、他の区間も相当忙しくなるとまで書いてある。

なお真っ赤に引かれた区間が一か所だけありました。赤線の意味は閉鎖。運行なしです。

…ん?この区間、もしかして…

 

前回の旅行でヴィクトリアまで行くときも通ったやんけ。

気付いてしまいました。
ここを通らずしてロンドン中心部へは行けないと。

 

 150%ロンドンへの道は閉ざされたという訳ではありませんが、乗り換えは必須になるうえ遠回りになりそうです。まさか旅行時期とストライキが被るとは思っていなかったので、ショックでした。これまでのルンルン気分が一気に瓦解した瞬間でした。

今からでもスト撤回してええんやで…?

ともあれ、別ルートでロンドン中心部へ行くことにします。現在national railのサイトでは普通に運賃等が表示されますが、当日何が起こるか分からないので。サザン(鉄道)、ファイトだよ!

brightonからGWRにお世話になろうかな(唐突)